スタッフ研修に活用する

メディック・ファーストエイド 社員/スタッフ研修

組織、団体、企業内研修によって、自社内の社員/スタッフの健康と安全を確保することができます。また、保育関連、介護・福祉関連、体育・スポーツ関連、観光関連などの学校や、生涯教育(カルチャーセンターを含む)などのカリキュラムとしても、ご採用いただけます。組織・団体・企業内研修を実施するには以下の二つの方法からお選びいただけます。

  1. インストラクター派遣を受けて救急救命法の研修を受ける
  2. または組織/団体・企業内に自社内MFAインストラクターを養成して積極的にスタッフ研修を行う

メディック・ファーストエイドなら、どちらの方法でもお手伝いできます。

インストラクター派遣を受けて救命法の訓練を受ける

MFAジャパンが指名した近隣のメディック・ファーストエイド(略称MFA)インストラクターが貴組織、団体、企業の施設に出張し講習を開催するといったご要望にお応えできます。また、英語での講習も可能ですので、お申し付け下さい(英語版マニュアルもございます)。組織・団体内、企業内で受講いただいた場合は、オプションにて「組織向け修了証書」を発行いたします。

まずはMFA JAPANまでお問い合わせください。
電話:042-345-9970(土日祭日休日を除く10:00〜18:00)

組織・団体内、企業内にインストラクターを養成する

社内スタッフが継続的に応急手当の訓練を必要とする組織・団体、企業の方は、社内のスタッフをMFAインストラクターにすることをぜひご検討ください。自社の都合に合わせた自由な講習スケジュールでの運営や、コスト面でもかなりのメリットがございます。もちろん社内スタッフだけにとどまらず、社外の方にも広く集客して有償での講習をすることにより、経費回収の一助にもなります。

MFAインストラクター養成コースでは、一般受講生レベルの訓練、コース開催の背景や哲学、指導方法を習得していただきます。インストラクター養成コースのすべての条件を満たすとMFAインストラクターとして認定されます。インストラクターコース受講はMFA JAPAN内レクチャースペースで、またはご希望により出張しての講習も可能です。詳しい情報は、インストラクター資格(企業組織向け)をご覧ください。